Top > FXのレバレッジ

FXのレバレッジ

田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック

 

FXにはレバレッジという特徴があります。レバレッジとは、取引金額に対する証拠金の割合であるとFXでは定義されています。

証拠金とは、FXのために入金している金額と考えてください。理解しやすいように1ドル100円としますと、証拠金が1万円で、取引金額を1万ドル、つまり100万円としたときに、100万円(取引金額)÷1万円(証拠金)=100倍、この100倍をレバレッジとFXでは呼んでいます。FXでのレバレッジというものは、初心者のかたでも簡単に理解することができます。

このFXでのレバレッジをどのように利用するかといいますと、ある証拠金でそのレバレッジの倍率まで取引を行うことができるというものです。例えば証拠金1万円でレバレッジが10倍としますと10万円の取引を行うことができるというのがFXの魅力です。普通は10万円の取引を行うためには、10万円の証拠金が必要となります。

一般的にFXの取引では、証拠金に金額に応じてレバレッジがあらかじめ決められているケースがほとんどです。証拠金が少額であればあるほど、レバレッジの倍率は低いのが普通ですが、FXを運営しているFX取引会社によっても多少の相違がありますので、検討してみてください。

 

 えきねっと  ガルシアマルケス  キッザニア  クックパッド
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
FXとは(2009年8月 4日)
FXのメリット(2009年8月 4日)
FXのレバレッジ(2009年8月 4日)
FXの証拠金(2009年8月 4日)